• コラム
  • 2018.06.08

単語レベルでなく、意見レベルで文章解析
〜AIによる文章解析サービスITAS(アイタス)〜


ITAS

自然言語処理

AI

エンジニアリング

 独自の文章解析AIでテキスト分析の課題を解決

Insight Techが提供する日本語文章を解析するAIサービス「ITAS」(Insight Tech Text Analytics Service)では、弊社が保有する独自の文章解析AI(※)を活用し、企業様が持つテキストデータの解析を行うことが可能です。

「ITAS」は「意見タグAI」「可視化AI」「感情分類AI」の3つで構成されています。
※京都大学 黒橋・河原研究室との共同開発による技術

 ITASと通常のテキストマイニングツールとの違い

ITASでは、通常のテキストマイニングツールとは異なり、「単語レベル」の分析にとどまらない「意見レベル」での文章解析が可能です。

 ITASによるAI実感無料キャンペーン

より多くの皆様にITASの効果を実感頂くため、ITASの各AIツールを適用した解析結果を、無料サンプルとしてご提供いたします。(詳細はページ下部へ)

詳細はページ下部へ

 通常のテキストマイニング

通常のテキストマイニングでは、「単語レベル」の分析にとどまってしまい、「何を言っているのか『意味』がわからない」「結局原文を読まなければいけない」などという声をよく耳にします。

上記のような課題を解決出来るサービス「ITAS」に関して、以下で詳しくご紹介します。

 Insight Tech独自のAI① 意見タグAI

テキストデータから、意見性のあるフレーズを抽出するAIです。
大量の文章からスピーディに
「単語」ではなく「意見」
を抽出することが可能となります。


「意見タグAI」 の無料サンプル送付をご希望の企業様は、


ページ下部の「AI実感無料キャンペーン」 よりご連絡下さい。

 Insight Tech独自のAI② 可視化AI

意見タグAIで分類した
意見の類似度を自動評価し、グルーピング・可視化
するAIです。

通常のテキストマイニングと異なり「単語レベル」ではなく「意見レベル」で文章を可視化するため、原文を読まずともスピーディに課題の発見が可能となります。


「可視化AI」 の無料サンプル送付をご希望の企業様は、


ページ下部の「AI実感無料キャンペーン」 よりご連絡下さい。

 Insight Tech独自のAI③ 感情分類AI

テキストデータから、発言者の「不満度」を読み解くAIです。

不満度に応じて発言者の感情を分類
することが可能です。それにより例えば、多数のお客様の声の中からどのような意見を優先して対応すればよいかなど、課題の優先順位付けをすることが可能になります。


「感情分類AI」 の無料サンプル送付をご希望の企業様は、


ページ下部の「AI実感無料キャンペーン」 よりご連絡下さい。

 AIを総合活用「優先課題図」

「意見タグAI」「感情分類AI」を適用した結果から、意見の多さと不満比率をもとに「優先的に対応すべき課題」を明らかにすることが可能です。
また、


「意見は多いが、不満度は低い声は何か?」
「意見は少ないが、不満度が高い声は何か?」

といった観点で、お客さまからの問い合わせ等のテキストデータから着手すべき課題を特定することが可能となります。


「優先課題図」 の詳細資料送付をご希望の企業様は、


ページ下部の「AI実感無料キャンペーン」 よりご連絡下さい。

 活用企業様(一部)

上記のような企業様を始め、多くの企業様にご活用頂いています。
(弊社運営サービス「不満買取センター」の不満データ利用企業も含んでいます。)

 ITASの活用事例

  • コールセンターの対話ログ解析による改善課題抽出
  • アンケートのフリーアンサー解析によるマーケティング施策導出
  • SNS(Twitterなど)の投稿データ解析によるトレンド理解
  • レビュー・口コミ解析によるCRM高度化
  • 日報ログ解析による現場ナレッジシェア
  • 従業員満足度調査のフリーコメント解析による働き方改革推進
  • 特許・論文解析によるナレッジ検索の効率化

 ITASによる課題解決事例のご紹介

「テキストマイニングでは、何を言われているのかが理解できない」

 事例①:大手Webサービス運営企業様

【分析データ】
自社サービス利用顧客からの問い合わせ情報(テキストデータ)

【課題】
月に2万件ほどの問い合わせ・要望等が来ているが、活用しきれていない状況。

これまではテキストマイニングを実施し、単語レベルでの可視化を実施していたが、
結局何が求められているかを理解するのが難しく、原文を読まないと意味が分からなかった。

【解決事例】
Insight Techが提供する、「意見タグAI」「可視化AI」を活用し、

「単語レベル」ではなく、「意見レベル」
で問い合わせ情報を分類・可視化。

【結果】
原文を読まずとも、問い合わせの全体像を把握できるようになり、
問い合わせを踏まえた課題のスムーズな発見が可能になった。

「1件1件のデータの優先順位を付けることが難しい」

 事例②:大手人材サービス運営企業様

【分析データ】
従業員満足度調査データ(アンケート情報+テキストデータ)

【課題】
これまで、従業員満足度を選択式アンケートで聴取していたが、
そこからのみでは、離職予兆の把握をすることが困難だった。

【解決事例】
Insight Techが提供する、「感情分類AI」を活用し、選択式回答ではなく、
フリーコメント回答を読み解くことで、「怒り」「嫌気」を感じている従業員を特定。
1人1人のフォローの優先順位を明確にすることに成功。

【結果】
従業員の「感情」から離職の予兆を読み解き、優先順位を明確にしてフォローを実施。
離職者を減らすためのPDCAが可能になった。

 産学連携による最新の文章解析技術の活用

Insight Techは京都大学黒橋・河原研究室と連携し、文章解析技術のビジネス活用を進めています。
単語レベルの分析に留まらない「構文解析」を活かした最新の技術・手法をご提供します。

 京都大学黒橋・河原研究室との連携

人々の声を可視化・定量化することは、企業や行政による社会課題解決の基盤であり、
自然言語処理の研究成果が大いに活用される場であると考えます。

「インサイトテック」はアカデミアとの共同研究や、研究利用のための
データ公開、学会発表などに積極的な企業です。

今後も、自然言語処理研究の社会展開を活発に行っていただくことを期待致します。
京都大学教授 黒橋 禎夫

 テキストアナリティクス・シンポジウム(2017)に登壇

日本IBM金山様が企画委員長を務める「テキストアナリティクス・シンポジウム」 でも、
Gunosy様、Sansan様、メルカリ様等の企業様と並び、弊社AIに関してご紹介させて頂きました。

 The AI 2nd登壇

7月26日開催の「THE AI 2nd」へシルバースポンサーとして協賛致しました。
当日は代表の伊藤より、ITASの活用事例に関してご紹介させて頂きました。

 ITASによるAI実感無料キャンペーン

より多くの皆様にITASの活用効果を実感頂くため、ITASの適用結果サンプルをご提供させて頂きます(サンプルは弊社が運営する「不満買取センター」に投稿されたデータにITASを適用したものです)。

ご希望の方はページ下部の

「AI実感無料キャンペーン」

よりご連絡下さい。


お問い合わせ種別= データ解析についてのお問い合わせ
お問い合わせ内容= AI実感キャンペーン【意見タグAI/可視化AI/感情分類AI/優先課題図】(ご興味おありのツールのみ残して送付ください)


リマーケティング・リターゲティング広告についてのプライバシーポリシー






ITAS

自然言語処理

AI

エンジニアリング